沖縄県宜野湾市にある「豊田塾宜野湾将棋道場」

090-6867-3990
〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-43-11
きさらぎ公園裏

豊田塾宜野湾将棋道場 沖縄県浦添市のハウスクリーニングならおそうじ本舗 浦添北店


  • TOP  > 
  • 豊田塾宜野湾将棋道場


料金

【 席料 】

一般女性・18歳未満 一般男性
土、日 料金 ¥500 ¥1,000

【 平日のみ個別指導あり(級位者のみ) 】

一時間 ¥1,000

※平日指導 照屋 彰



○ 年齢、性別、経験の有無問わず。初心者や女性も大歓迎!
○ 未成年の申込は、初回に保護者様の同伴が必要です。(5分程の面談)


スケジュール

斜線日は貸教室日です(要予約)

スケジュール

スケジュール


講師

普久原 安(フクハラ ヤスシ)
禰󠄀保 拓也(ネホ タクヤ)

米谷 和彦(コメタニ カズヒコ)


第2期豊田杯将棋沖縄リーグ

タイトル(豊田杯王位)戦について

豊田塾宜野湾将棋道場が主催する豊田杯王位戦は、豊田杯将棋沖縄リーグを各クラスで行い、A級1組の優勝者がタイトル保持者に挑戦する。 第1期「豊田杯将棋沖縄リーグ」を全勝で勝ち抜き禰󠄀保拓也豊田杯王位が誕生した。 第2期リーグを勝ち抜いた嶋田裕介挑戦者が禰󠄀保拓也豊田杯王位に挑む初の3番勝負。

対局者・局数 第1局 第2局 第3局
禰󠄀保拓也王位    
挑戦者
嶋田裕介
   

豊田杯王位戦は、持ち時間45分使い切ると1手60秒未満で行います。
第1局 日時:10月28日(土)18:00対局開始 場所:宜野湾将棋道場

12月3日 日曜日に王位戦 第2局 第3局を行います。
第2局 14時~ 場所 宜野湾将棋道場
第3局 第2局終了後1時間後、もしくは17時~ 場所宜野湾将棋道場
懇親会 第3局終了後~

第2局、第3局共に豊田杯リーグに参加した方と関係者の方は見学ができます。
両者の白熱した戦いを感じてみませんか?
※席には限りがありますので先着順とさせていただきます。
※見学者は懇親会まで参加となります。
※第2局で終了した場合 懇親会は17時~となります。
※感想戦は大盤を使って見学者の方にも公開します。

【 懇親会 】
対局終了後、対局者を含む豊田杯リーグ参加者親子にて行います。

場所 宜野湾将棋道場
会費 親子で2,000円
※必ず親子でご参加ください。

※やむ負えない場合や主催者判断で、急な内容等の変更等もございます。
 あらかじめご了承ください。

第1局の様子


禰󠄀保豊田杯王位に嶋田アマ五段が挑戦する第2期豊田杯王位戦三番勝負の第1局。
立合人照屋彰席主、記録員に辺土名朝陽アマ四段。振り駒の結果、先手は禰󠄀保王位となり、大熱戦が繰り広げられました。結果は115手にて先手禰󠄀保王位の勝ちとなりました。

感想戦にて変化手順を検討した禰󠄀保王位と嶋田挑戦者の様子。
この対局を含め第2局以降のくわしい内容は後日「観戦記」等でご紹介致します。


リーグ戦について

A級1組・A級2組・B級1組・B級2組・C級1組・C級2組・C級3組・C級4 組の8クラスがあります。
A級1組の優勝者は王位に挑戦します。王位と3番勝負を行い、2勝したほうが王位になります。
持ち時間はすべて各30分です。

切れると1手60秒(B級2組以下は持ち時間が変わる場合があります)
持将棋の場合は先手後手を替えて再対局とし、双方または一方が秒読みの時には、双方に五分を加えて行う。

順位・昇級

前期の成績をもとに順位を決定します。
A級2組以下でリーグ優勝もしくはそれに準じる成績を挙げた場合は昇級します。
昇級に該当する成績を挙げた棋士が複数いた場合は、順位の上の者が昇級します。


第2期豊田杯沖縄リーグ日程表  平成29年度11月6日現在
9/17 10/15 10/22 10/29 11/12 11/26 12/3 12/17 12/24
A級1組
A級2組
B級1組
B級2組
C級1組
C級2組
C級3組
C級4組
C級5組

豊 田 杯 将棋沖縄リーグの募集

B級1組(有段者)
B級2組(1級~3級)

C級1組(1級~5級)
C級2組(6級~9級)
C級3組(10級~12級)
C級4組(11級~13級)
C級5組(12級~15級)
※ 対局日は月1回、県大会と重ならない日曜日を予定
※ 各組それぞれ8名ずつ先着順で募集致します。

上位2名は上のリーグへ上がります。

※申し込み金 二千円(初回のみ)
 対局料は道場の席料のみです。

※申し込み、お問い合わせは 090-6867-3990 照屋まで







第1期豊田杯沖縄リーグ記録集

第1期豊田杯沖縄リーグ記録集

平成28年1月より1年間にわたり激戦を繰り広げた「第1期豊田杯沖縄将棋リーグ」 栄えある初代王位に輝いたのは、リーグ戦を全勝で制した禰󠄀保拓也七段。
沖縄アマ将棋界の超強豪が名を連ねたA級1組の全56局の棋譜を掲載。
A級1組出場選手の書き下ろしによる自戦記(=記憶に残るこの1局!)を収録。
沖縄アマ将棋界トップの思考を知ることができる充実した内容の本が遂に完成しました。
また、リーグ戦に参加した子供たちのインタビューも掲載。

宜野湾将棋道場にて絶賛販売中!
今後は将棋大会の会場でも随時販売致します。


土曜トーナメント開催中!

土曜トーナメントについて

毎週土曜日トーナメント開催します。
先着8名よりスタート。

都合によりリーグ戦・コマ落ちになる場合もあります。

受付:1時~
開始:2時

(料金は、通常席料のみ)
優勝者には300ポイント
準優勝者には100ポイント進呈

道場内にて
100ポイントでドリンク1本と交換
500ポイントで子供席料無料
1000ポイントで大人席無料

大会結果

土曜トーナメント開催中!
土曜トーナメント開催中!
 第31回トーナメント
 
 優 勝  喜瀬 真琉②
 準優勝  當銘 優介


第1回トーナメント
優 勝   小原 久秀
準優勝   屋嘉 晄漣
第2回トーナメント
優 勝  邊土名 朝陽
準優勝    玉城 修
第3回トーナメント
優 勝   新崎 良斗
準優勝   渡口 良渚
第4回トーナメント
優 勝 邊土名 朝陽②
準優勝   比嘉 純大
第5回トーナメント
優 勝    渡口 良渚
準優勝    小林 恕掌
第6回トーナメント
優 勝    稲嶺 海周
準優勝   根間 琉空海
第7回トーナメント
優 勝   根間 琉空海
準優勝    渡口 良人
第8回トーナメント
優 勝    喜瀬 真琉
準優勝    渡口 良人
第9回トーナメント
優 勝    泉 佳杜
準優勝  根間 琉空海
第10回トーナメント
優 勝   清水 知己
準優勝   瀬嵩 政明
第11回トーナメント
優 勝 清水 知己②
準優勝   喜瀬 真琉
第12回トーナメント
優 勝 清水 知己③
準優勝   比嘉 純大
第13回トーナメント
優 勝   比嘉 純大
準優勝   屋嘉 晄漣
第14回トーナメント
優 勝 邊土名 朝陽③
準優勝   喜瀬 真琉
第15回トーナメント
優 勝   清水 健慈
準優勝   比嘉 純大
第16回トーナメント
優 勝   當銘 優介
準優勝   清水 知己
第17回トーナメント
優 勝 邊土名 朝陽④
準優勝    泉 桂杜
第18回トーナメント
優 勝  比嘉 純大②
準優勝   小林 世空
第19回トーナメント
優 勝  比嘉 純大③
準優勝   屋嘉 阿漣
第20回トーナメント
優 勝   兼城 昌瑛
準優勝   小林 恕掌
第21回トーナメント
優 勝   山田 標件
準優勝   喜瀬 真琉
第22回トーナメント
優 勝  渡口 良渚②
準優勝   渡口 良人
第23回トーナメント
優 勝   屋嘉 晄漣
準優勝    泉 佳杜
第24回トーナメント
優 勝   天藤 淑一
準優勝   喜瀬 真琉
第25回トーナメント
優 勝 邊土名 朝陽⑤
準優勝   兼城 昌瑛
第26回トーナメント
優 勝  天藤 淑一②
準優勝   喜瀬 真琉
第27回トーナメント
優 勝 邊土名 朝陽⑥
準優勝   兼城 昌瑛
第28回トーナメント
優 勝   泉 佳杜②
準優勝   天藤 淑一
第29回トーナメント
優 勝  比嘉 純大④
準優勝   清水 健慈
第30回トーナメント
優 勝  清水 健慈②
準優勝   松島 琉緯
第31回トーナメント
優 勝  喜瀬 真琉②
準優勝   當銘 優介

宜野湾将棋道場支部情報

宜野湾将棋道場支部情報

支部研究会 支部会員のみ参加
毎月第4土曜日

第7回支部研究会情報


9月23日土曜日に7回目の支部研究会が行われました。
先月行われた支部対抗戦で活躍した子ども達の挨拶と、照屋席主から感想がありました。仲間の好成績をみんなでたたえあい、絆の深さを感じました。
そして、今回の研究会の講師である伊奈祐介六段をお迎えし、「連盟職員の方から沖縄ですが?と聞かれ、喜んで!と非常に楽しみにしていました。


こちらのHPを事前に拝見しましたが、非常に礼儀を重んじた良い道場だと感じました。これほどしっかりした道場は記憶にないほどです。」と嬉しいお話をしてくださいました。

伊奈先生には時間を気にすることなく、じっくりと指導対局・感想戦をお願いしました。
有段者の子ども達を先頭に、すべての子ども達が指導を受けることができました。

また、禰󠄀保先生も駆けつけて頂き、多面指しでご指導くださいました。また、照屋席主、天藤先生、辺土名幹事長にもご指導いただきました。
伊奈先生の指導対局に空きができるとそこに入り、伊奈先生の指導が終わると、禰󠄀保先生からの指導とローテーションで各先生に指導いただき、効率の良い研究対局ができました。

伊奈先生や禰󠄀保先生から指導が終わると、
「力強い駒組みで攻めの筋の見え方が鋭い!(辺土名君)」
「銀成らずの発想が素晴らしい、これが指せる読みの深さがある!(兼城君)」
「2枚替えのタイミングが良い。落ち着いた終盤!(清水君)」
「相手の手をしっかり見た対応が素晴らしい!(鴨沢君)」
「しっかり読みを入れることができる。長考できるのも才能!(屋嘉君)」
「中盤の大駒の使い方が素晴らしい!(松島君)」
「早見えで 終盤の見切りが光る!(比嘉君)」
「序盤からしっかりした将棋。終盤の筋がよい!(泉君)」
「中盤までの駒組みがすばらしい!(喜瀬君)」
「駒落ちの弱点をしっかり把握し、歩の突き捨てに感心した!(宮里さん)」
「受けもしっかりしていた。筋のいい将棋です!(本村君)」
「角の使い方がとてもうまく、急成長を感じます!(上原君)」
「相手の駒の配置をしっかり見極め、攻めることができた!(清水君)」
と子ども達との対局後の感想を頂きました。

伊奈先生サイン色紙をじゃんけん大会で!楽しい時間でした。
じゃんけんでも負けん気の強い子ども達!笑

最後に伊奈先生より、「こんなにしっかりとした将棋を指す子ども達が沖縄にたくさんいて驚いた。やはり礼儀を重んじ、しっかりと指導された子は将棋も強い。これからもこの気持ちを大切に将棋を楽しんでください!」とご挨拶頂きました。
さいごはみんな笑顔で記念撮影。

今回も非常に有意義な研究会となりました。伊奈先生、禰󠄀保先生、関係者のみなさまありがとうございました。


第6回支部研究会情報


8月26日土曜日に6回目の支部研究会が行われました。翌日に行われる支部対抗戦(団体戦)へ向けて照屋席主から子ども達への大会参加の心得や
3人一組によるチーム戦で重要な仲間に対する気持ちのお話がありました。



今回の講師である城間春樹元アマ名人より大盤を使った駒落ち上手、下手の勉強をしました。
スクール形式で、各々盤駒を使いながら6枚落ちと2枚落ちを中心に1時間。
上手からの咎め方、下手の攻め筋がわかりやすく教えて頂きました。

やはり聞くだけではなく、実際に駒を動かしながら、次の一手方式で子ども達に
質問しながらの勉強は、吸収力が違いました!

その後翌日の大会のチームを編成、8チームを2ブロックに分け総当たりのリーグ戦をしました。
先ほどの勉強が功を奏し、普段よりも熱戦が多く、翌日の大会に向けて非常に良い準備ができました。

各ブロックの全勝同士の決勝戦。2勝の3位決定戦を行いました。
惜しくも3敗したチームは城間先生、普久原先生、惠先生 天藤先生の指導対局。非常に豪華な講師陣です!
明確な目標を設定し、棋力に沿った内容での研究で、翌日の大会に向けて有意義な一日となりました。
関係者の皆様ありがとうございました。

翌日の日曜日(27日)に行われた支部対抗戦に宜野湾道場支部から7チーム参加しました。
大会前に参加者と父兄のみなさんで記念撮影。その後国吉支部長から大会に向けての激励のあいさつを頂きました。

全員で円陣を組み気合十分!いざ決戦へ!
参加7チームのうち5チームが予選を突破し
大活躍! 残念ながら予選敗退したチームも
非常に良い将棋を指していました。あと一歩
届かなかったですが、着実な進歩に将来への
期待が高まりました。


そして迎えた決勝戦は道場支部Aチーム対Cチームの同門対決!

熱戦の末Aチームが優勝。どの戦いも熱戦でした。またBチームも4位入賞。

今大会は、級位者の奮闘が光りました!前日の研究会の成果が出た結果となり
非常にうれしく思いました。来年行われる西日本大会派遣も決まり、楽しみが
増え、新しい目標ができ、充実した大会になりました。関係者の皆様お疲れ様
でした。最後まで残ったメンバーで、記念撮影。すこしかっこつけさせてみました!笑!


第5回支部研究会情報


7月22日土曜日に5回目の支部研究会が行われました。まずは先日行われた県大会で活躍した
子ども達の表彰がありました。そして、今回の研究会の講師である増田裕司六段をお迎えし、
「今回初の沖縄、非常に楽しみにしていました。」とご挨拶頂きました。



その後早速指導対局をお願いしました。有段者の子ども達を中心に角落ち~四枚落ちまでご指導いただきました。
増田先生に「みなさん非常に力があり、筋もよい。こんなに強い子がたくさんいるとは思わなかった。
関西にもこれほどレベルの高い子ども達は少ない。」とお褒め頂きました。
対局後、非常に丁寧に感想戦をしていただきました。改めて感想戦の大切さや、局面の判断等、
とても参考になりました。 増田先生の「やさしさオーラ」に包まれながらの対局で、最初は緊張感のあった
子ども達ものびのびと、楽しく指導を受けることができ、改めて増田先生の懐の広さを感じました。
休憩時間には故村山九段(聖の青春でおなじみの天才棋士)のお話もうかがえました。

また、禰󠄀保先生も駆けつけて頂き、指導を受けました。禰󠄀保先生の大局観を感じた有段者の子ども達が、
感想戦にて、しきりに「うなずいていた」のが印象的でした。また増田先生、禰󠄀保先生の指導を待っている間にも、
惠先生、清水先生、辺戸名幹事長も指導にあたり、時間を惜しむように将棋を指していました。
その後、増田先生、禰󠄀保先生に級位者のメンバーも駒落ちで指導対局を受けました。増田先生や禰󠄀保先生から
「強いです」「負けました」との声も聞こえ、充実した指導対局になりました。

増田先生のサイン色紙をじゃんけん大会で!楽しい時間でした。

最後に増田先生より、「離島だからといって決して環境が劣っていることはない。たくさんの指導者や素晴らしい
環境がここにはある。みなさん強い!自信をもって一生懸命頑張りましょう」。と非常に熱のこもったご挨拶と激励
のお言葉を頂きました。さいごは笑顔で記念撮影。

今回も非常に有意義な研究会となりました。増田先生、禰󠄀保先生、関係者のみなさまありがとうございました。


第4回支部研究会情報


6月24日土曜日に4回目の支部研究会が行われました。今回から参加するメンバーの紹介とあいさつ、照屋席主から子ども達への将棋や仲間に対する気持ちと、考え方の指導の後、先日他界された百﨑先生に全員で黙祷をささげ、百﨑先生のご冥福をお祈りしました。

 



その後8月に行われる支部対抗戦(団体戦)に向けて3人チームを組み、団体戦に向けての駒落ち上手、
下手の勉強をしました。トーナメント方式で対局、局後感想戦に時間をかけ研究しました。

 


後半戦は棋力に応じてグループ分けし対局、感想戦を行いました。
初級位者の指導は駒落ちで天藤先生、辺土名幹事長に
中級位者は惠指導棋士、段位者は新垣学普及指導員に
多面指しでご指導いただき、各局面で詳細にわたって
の指導で、子ども達にとって非常に充実した研究となりました。
また高段位者は天藤先生のご子息(県大会上位入賞者)
を交えVS形式での研究でした。天藤さんは居飛車党ですが
研究の為、振り飛車穴熊で全局ご指導いただきました。
同じ振り飛車穴熊に対し、子ども達の攻め方、考え方に
とても個性が出た対局となり、傾向と対策が見え、非常に有意義でした。


目的意識を持ちながら、棋力に応じて的確に将棋の研究ができる事により、少しずつですが、前に進めた実感のある研究会となりました。
ご指導くださいました皆様、関係者の皆様ありがとうございました。


第3回支部研究会情報


5月27日土曜日に3回目の支部研究会が行われました。
今回も照屋席主から支部会員の子ども達へのあいさつの指導の後、
文部科学大臣杯の小学校団体戦で優勝した当山小学校Aチームの勝因と
団体戦の心構えについてお話がありました。



今回の講師は、県内トップアマで「初代豊田杯王位 禰󠄀保拓也七段」をお招きし、
棋力に応じて、角落ち~四枚落ちで指導対局を受けました。
非常に丁寧で的確なアドバイスの下、感想戦がおこなわれ、子ども達は目を輝かせながら
熱心に指導を受け、局面のとらえ方や、序盤の一手の大切さを学びました。

その後子ども達は棋力ごとに3チームに分かれ、AチームはVS研究、
B、Cチームは照屋席主、天藤指導員に指導を受けました。

少数の人数で棋力に応じて的確に将棋の研究ができる事により
棋力アップはもちろんの事、将棋に対する考え方や将棋を通じての
人間育成にも力を入れて取り組んでいく研究会となりました。
ご指導くださいました禰󠄀保七段をはじめとする関係者の皆様ありがとうございました。

第2回支部研究会情報


4月22日土曜日に2回目の支部研究会が行われました。今回も支部会員の子ども達へのあいさつの指導、仲間を思いやる気持ちの大切さを照屋席主からお話しがありました。その後、村田顕弘五段をお招きしてご挨拶をいただきました。村田先生より礼儀の大切さについてお話があり、こどもたちもしっかりと聞いていました。



四段のこどもたちは二枚落ちでご指導いただき、二枚落ち勝者のみ
特別に平手での指導対局をお願いしました。
通常、プロ棋士の先生と平手指導対局は難しいですが、
研究会指導なので、
支部役員より特別のお願いをし、村田先生も快く指導してくださいました。感謝申し上げます。

二枚落ちや平手での対局後、村田先生からも褒めていただいた局面もあり、
局面全体のとらえ方のご指導、差し手の意味など様々なヒントがあったと思います。
初段の子供たちは四枚落ちでご指導いただきました。対局後もしっかりとご指導いただきました。
村田先生のご指導はこどもたちにとって素晴らしい時間になりました。
級位者の子供たちは惠先生や支部幹事長に指導いただきました。

その後じゃんけん大会で級位者4名、段位者1名が村田先生のサインを抽選で頂きました。
ありがとうございます。

非常に有意義な研究会となりました。村田先生、関係者の皆様ありがとうございました。

第1回支部研究会情報


3月25日土曜日に1回目の支部研究会が行われました。
初回という事で支部役員の紹介、支部会員の子ども達の
自己紹介から始まり、将棋に対する心構え、姿勢、
仲間を思いやる気持ち、将棋を通じての人間力育成等
子ども達と支部役員のみんなさんで話し合いました。



その後有段者、上級位者、級位者の
3グループに分かれ対局、研究をしました。
また、与論島からこの為にこられた
惠先生(日本将棋連盟指導棋士5段)
による指導対局も行いました。
対局後の感想戦を重点的に行いました。
対局を観戦していた子も一緒に感想戦に参加し、
第三者の目線からも参考にしながら丁寧に研究をしていました。
常にしっかりと感想戦を行うことが、
棋力アップにつながることが実感できたと思います。
次回はプロの先生を招き、より本格的な研究会を行っていきます。


支部会員大会情報



朝日アマ名人戦 沖縄県予選
B級 優 勝 鴨澤 阿覧
D級 優 勝 仲間 柔大郎



朝日アマ名人戦 沖縄県予選
代表選抜 準優勝 天藤 淑一
C級   準優勝 本村 凛



朝日アマ名人戦 沖縄県予選
代表選抜 四 位 辺土名 朝陽
C級    三 位 池原 伸
     四 位 喜瀬 真琉
D級    四 位 上原 和音



第16回全国小学生倉敷王将戦
(高学年の部)
ベスト8 清水 知己

第16回全国小学生倉敷王将戦
(低学年の部)
ベスト8 兼城 昌瑛



朝日アマ名人戦 沖縄県予選
B級 優 勝 鴨澤 阿覧
D級 優 勝 仲間 柔大郎


第46回全国支部対抗戦 沖縄県予選
優勝 宜野湾将棋道場支部Aチーム(天藤・辺土名・兼城)

第71回アマ名人戦 沖縄県予選
C級 優 勝 鴨澤 阿覧
D級 優 勝 本村 凛

第13回文部科学杯小学校将棋団体戦  沖縄県予選
小学校の部 優 勝 当山小Aチーム(屋嘉)

第16回全国小学生倉敷王将戦 沖縄県予選(低学年の部)
優 勝 兼城 昌瑛

第16回全国小学生倉敷王将戦 沖縄県予選(高学年の部)
優 勝 清水 知己

第40回久留米王位戦 沖縄県予選
B級 優 勝 小原 久秀
D級 優 勝 屋嘉 晄漣

さなる杯第42回小学生名人戦 沖縄県予選
優 勝 辺土名 朝陽




朝日アマ名人戦 沖縄県予選
代表選抜 準優勝 天藤 淑一
C級   準優勝 本村 凛

しんぶん赤旗名人戦沖縄県予選
B級 準優勝 鴨澤 阿覧

第46回全国支部対抗戦 沖縄県予選
準優勝 宜野湾将棋道場支部Cチーム(鴨沢・松島・比嘉)

第13回文部科学杯小学校将棋団体戦 沖縄県予選
準優勝 沖縄カトリックAチーム (清水知己、清水健慈)

第16回全国小学生倉敷王将戦 沖縄県予選(低学年の部)
準優勝 清水 健慈

第30回アマ竜王戦 沖縄県予選
B級 準優勝 清水 健慈
C級 準優勝 比嘉 純大

第39回全国R選手権 沖縄県大会
S級 準優勝 兼城 昌瑛
B級 準優勝 小原 久秀

第7回琉球銀行杯 新春将棋大会
C級 準優勝 小原 久秀

さなる杯第42回小学生名人戦 沖縄県予選
準優勝 兼城 昌瑛

1月新春将棋大会
D級 準優勝 池原 伸



朝日アマ名人戦 沖縄県予選
代表選抜 四 位 辺土名 朝陽
C級    三 位 池原 伸
     四 位 喜瀬 真琉
D級    四 位 上原 和音
     
第46回全国支部対抗戦 沖縄県予選
四位 宜野湾将棋道場支部Bチーム(亀井・小原・清水)

第16回全国小学生倉敷王将戦 沖縄県予選(高学年の部)
三 位 亀井 匠磨
四 位 小原 久秀

第30回アマ竜王戦 沖縄県予選
代表選抜 四 位 天藤 淑一

第40回久留米王位戦 沖縄県予選
B級 四 位 十菱 晴人
D級 三 位 喜瀬 真琉

第39回全国R選手権 沖縄県大会
A級 四 位 亀井 匠磨
D級 四 位 喜瀬 真琉

第7回琉球銀行杯 新春将棋大会
S級 三 位 辺土名 朝陽

さなる杯第42回小学生名人戦 沖縄県予選
四 位 小原 久秀



8月6日に行われた全国小学生倉敷王将戦にて支部会員の兼城君と清水君が 低学年、高学年共にベスト8に入る健闘!各クラス同時に予選突破、決勝トーナメント出場は県勢では初の快挙となりました。



おそうじ本舗 浦添北店

沖縄県浦添市のハウスクリーニングならおそうじ本舗 浦添北店

いなんせ典礼

葬儀社 株式会社 いなんせ典礼

地域貢献活動

豊田塾宜野湾将棋道場は地域貢献の一環として
児童養護施設卒園者支援事業に参加しています。

詳しくはこちら


公文書写

公文書写